【オフィス物件仲介】繊維系メーカーT社様の場合

繊維系メーカーT社の松本さん(仮名)からメールのお問い合わせを頂いたのは2013年4月5日のこと。

「現在弊社はColumbus周辺で小さな営業事務所の設立を検討しております。
当面2〜3名程度です。
Office Building の中のSuiteを借りたいのですが、ご対応可能でしょうか。」

とのことでした。
ご希望に近い物件の候補をあげ、その中の4箇所にご興味ありとのやりとりをメールで交わしました。
4月9日松本さんがコロンバスに出張にいらっしゃるタイミングと合わせて4箇所下見。同時にコロンバス周辺地域に進出する企業の支援をしている非営利団体Columbus 2020、地元の日本人弁護士と会計士をご紹介させて頂きました。

今回の下見4物件に関する会社からの見解は、理想としては1)同社デトロイト事務所のように新しく、2)契約は1年、3)広さは500-1,000 sqft.、4)家賃は$1,500/月前後、5)場所はDublinに限らず、空港から30分以内で治安が良ければいい、ということでした。9日に見た物件は1)と2)を満たしておらず、広さは少し大き過ぎでした。また最低契約期間も2年といったところ。そこで、デトロイト事務所のようにシェアオフィスを利用することになりました。

日を改め4月23日ダブリンにあるシェアオフィスを見学。会社からの1)~4)の要件を全て満たしており、通常オフィスよりは平米単価が高くなるものの、当初は松本さんお一人なので、郵便を受けとってくれたり受付に誰かが居てくれる事は助かります。会社の承認を得て翌日に申し込みをしました。

metro south 2

metro southmetro south 3

【私からのコメント】営業所や会社の立ち上げの直後で、翌年、翌々年の事業の規模がなかなか読めない場合は、こうしてシェアオフィスを利用するのはいい方法だと思います。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>