ダブリン学区、日本からの生徒ツベルクリン反応テスト免除に

日本から新しくダブリン学区の学校に入学、転入されて来るご家族に朗報です!
アメリカの学校では、入学、転入の際に結核検査の為にツベルクリン反応テストが義務付けられています。
赤ちゃんの時期にBCG接種を受けて来た日本からのお子さんは、たいてい陽性反応が出ます。
今まではこれがBCG接種の為であることを証明するために、レントゲン検査を行い、医師からの診断書をもって行かなければなりませんでした。
この度、ダブリン学区において日本から来たお子さんはツベルクリン反応検査が免除となりました。