【購入の手続き2】仲介士選び Realtor Selection

銀行からのPre-approvalをもらい(【購入の手続き1】銀行よりPre-approvalをもらう)、住宅ローンの利用可能額、貯蓄から出せる頭金から購入金額のメドがついたところで仲介士に面談を申し込みましょう。

売り物件の看板に出ている仲介士は売り手の利益を代弁する売り手側の仲介士となります。売り手、買い手それぞれの利益は必ずしも一致するものではありません。オハイオ州では、売り手のみならず買い手の利益を代弁してくれる買い手専属の仲介士を雇うことが出来ます。

お家の購入には、候補物件抽出/内覧から始まり、購入希望物件へオファーを提出、売り手、買い手双方の基本条件交渉、合意を得て契約に至ります。その後も家の検査、その結果の理解、売り手への修理の依頼と交渉、銀行から送られる査定、査定に応じて最終購入金額の再交渉、ローン最終審査と同時に送られてくる最終計算書の理解、クロージングとお家の引渡しと様々なステップがあなたを待っています。

購入を希望する物件へのオファーには期限が設けられますし、家の検査、修理の交渉、合意、クロージングそれぞれのステップにも時効が存在します。あなたの最大の個人資産になるお家の購入、きちんと信頼の置ける経験豊かな仲介士の選択がストレスの少ないお家購入の為の大切なステップとなります。