ソーシャルセキュリティーナンバー(SSN)の取得の仕方

ソーシャル・セキュリティー・ナンバー(SSN)は社会保障を受けるための登録番号として発行されます。以前は就労資格のない外国人にも発行されましたが、近年は外国人の場合は納税者であるか、その伴侶でのちに社会保障を受ける立場にないと発行されなくなりました。アメリカには日本のように戸籍謄本がないために、身分証明書としても使われ、銀行口座の開設、運天免許証の取得などの際に必要となります。(カードがなくても番号を自分で知っている必要があります。)学生ビザで入国したり、就労ビザの帯同家族のような場合はITIN(Individual Tax Identification Number)をもらうことによって、ソーシャル・セキュリティー・ナンバーがなくても夫婦学館深刻や配偶者控除が可能となるようです。

さて、オハイオ州コロンバス周辺でソーシャル・セキュリティー・ナンバーを取得する方法です。

1)下記の必要書類を最寄りのソーシャル・セキュリティー・オフィスの窓口に持参する。申請料は無料。

この地域に住む多くの日本人の方はワージントン市にあるオフィスを利用しているようです。(オフィスは移転することもあるので、こちらで調べてからお出かけください。)


【住所】1051 Worthington Woods Blvd, Worthington, OH 43085

1. 申請書 Form SS-5 こちらのリンクから手に入れることが出来ます。1-4ページは記入説明、5ページ目が記入するページです。
2. 有効なビザ
3. 身分証明書(パスポート)

2) 1-2週間でご自宅にソーシャル・セキュリティー・カードが郵送されます。

*ご家族のSSNの手続きには、戸籍謄本(もしくは抄本)とその英文訳をお持ちください。
翻訳はご自分でされたもので受理されたというご経験をお持ちの方もいらっしゃいました。(実際にはビザの方で家族関係がわかるからなのかも知れません。)


日本に居ながら開設できるUS銀行口座

パシフィックリム・カンパニーベネフィット・プログラムというサービスで三菱東京UFJ銀行の子会社、Union Bankがやっています。

Union Bankは、日本の三菱東京UFJ銀行の子会社なので上記プログラムを利用してUnion Bankの口座を開設するには、
三菱東京UFJ銀行のなんらかの口座を持っている必要があります。個人口座でも問題がないようです。どちらも残高0円で開設できるようです。(2015年現在)
口座を、夫婦共同名義にすればUnion Bankのキャッシュカードが2枚もらえたり、小切手がどちらのサインでも使用できるので便利です。
(Union Bankのキャッシュカードはデビットカードとしても使えます)

良いところ
・赴任前にUS銀行口座の開設ができる。
→赴任前にUS口座に生活資金を送金して持っておくことができる
(赴任時に現金をたくさん持って行かなくても良い)。
・赴任前にキャッシュカード(デビットカード)を持てる。
(日本の自宅に送ってもらえる)
・日本語サービスがある。
・帰任後も、一定の残高があれば口座維持できる。

悪い(?)ところ
・Union Bankは主に西海岸を拠点としていて、東側には支店や専用のATMがない。
(提携のUS BankやPNCなどATMは利用することができますし、現金引き出しは手数料無料です。)
小切手の入金もモバイルバンキングを利用すれば、
携帯アプリで小切手の写真を撮って簡単に入金可能(もちろん郵送でも可能)。
・プログラム利用には、会社としての登録が必要。


ソーシャルセキュリティなしで手に入るアメリカの携帯電話

ソーシャルセキュリティ番号(SSN)がないと、アメリカでは携帯電話を購入することすら難しくなります。SSN取得にはアメリカでの住所が必要になりますし、申し込みした後に番号を手に入れるのにまた1週間から数週間掛かります。その間日本から持って来た携帯で対応すると、その他の手続きにアメリカでの連絡先番号を求められるため、非常に困ることが多々あります。以下のサービスは日本語でSSNなしでアメリカの番号を取得し、携帯を使うことが出来る便利なものです。

アメリカ格安携帯電話とSIMカードのハナセル

詳細は上のリンクをクリックしてみてください。

実際に私たちのクライアントさんもお使いになって10ヶ月なんら問題はないとのことです。i-Phone本体をUSで購入し(JPN購入でも問題ありませんが、USで買った方が安かった)ハナセルでSIMのみ購入し($9.00)、US住所宛てに送ってもらいました。
料金プランは$49.00/月で、米国内の通話・データ通信・テキストが使い放題にしています。回線はT-Mobileです。
※ホンダR&D所内では電波が無かったので注意が必要です。
クレジットカード(日本のでもアメリカのでも可)があれば、簡単に契約できます(SSN不要)。

Hanacellの良いところは、
・渡米前に契約でき、日本/米国どちらでも本体やSIMを送ってもらえる。
・日本でもアメリカでもありがちな2年縛り(2年間解約できないとか)が無く、いつでも無料で解約できる。
・日本語でサポートしてもらえる。
・料金が安い。(最安プランは$9.99/月~)


コロンバス新規参入時の車の調達の仕方

会社を設立するために初めて着任する場合、会社設立したばかりでの着任。第一陣として赴任される場合、個人にも会社にもアメリカでの与信がない場合どのような手立てがあるか説明してあります。

赴任直後から、アメリカのディーラーでリースやローンを利用して分割払いで購入することは、恐らく不可能だと思います。
赴任直後だと個人の与信がありませんし、会社も設立前、設立直後だとアメリカ国内での与信がないためローンが組めません。
リースも同様でソーシャルセキュリティー番号、与信(過去のアメリカでのクレジットヒストリー)、アメリカでの電話や住所が必要かと思います。

方法としては以下のいくつかになると思います。

会社で一括購入ができる場合:
まずは空港でレンタカーをして、現地のカーディーラーで車を一括で購入
購入後、その場で車に乗って帰ることができます。

リースかローンの道を選びたい場合:
シカゴにあるJapan Auto Servicesにてリースもしくはローンを組んで購入
日本語での対応となります。日本のクレジットの実績で評価してくれるようです。

以前クライアントさんがお世話になり、とても親切に保険のことも含めて相談に乗ってくださったという武田さんのご連絡先をご参考にお問い合わせくださいませ。

―――――――――――――――――――――――――――
武田俊宏
e-mail:​jasinchicago@gmail.com
934 S Arlington Heights Rd, Arlington Heights, Il 60005

■□TEL 847-392-2500
■■携帯 (202)812-1900
◇◇http://japanautoservices.com/chicago/
―――――――――――――――――――――――――――


オハイオ州の運転免許証の取得について

日本の運転免許証と国際免許証を持っていると、2014年6月現在オハイオ州の運転免許証取得に筆記試験、路上テストを免除してもらえます。

運転免許証取得に必要な書類は、以下の通りです。
ーパスポート
ービザ
ー会社から出してもらう雇用証明書(配偶者の労働ビザで滞在の場合は、配偶者の雇用証明書)

ソーシャルセキュリティーカードに関しては、既に申し込みをしているのであれば発行を待って、持参が必要。申し込みをしてない場合は、必要なし。

通常は住所確認の為に、銀行からのステートメント、光熱費の請求書などが必要書類とされていますが、雇用証明書で代用してくれるとのことでした。但し、オハイオ州に住所があることが分かる郵便物があれば尚いいとは言っていました。

視力テストと写真撮影をして、発行となります。

但し!日本の運転免許証と国際免許証を持っている為に2つのテストが免除されることを必ずしも全ての運転免許証交付場所で理解されているようではないようです。以下は日本人がよく行く事で慣れているようです。

4738 Cemetery Rd Hilliard OH 43026   TEL: 614-921-8946   8時~16時30分(火~金)、8時~14時(土)

【実際に免許証を取りに行った読者の方からの体験談を頂きましたので、ご紹介させて頂きます。】

免許取得方法