賃貸家探し私の体験談5 (サヨト高校/Scioto High School について)

2012-2014年に掛けて娘がダブリンのSciotoサヨト高校に通いました。私の感想ですが、これからお家探しをされる親御さんのご参考になればと思います。

ダブリン学区3校のなかでは数字的学力は一番低いサヨトですが、全米の比較では、平均より大きく上回っています。
が、さらに高いレベルを求めて転校した、という例もききましたので、サヨトで学力的にものたりない、という生徒もいるのですね、きっと。
よくない生徒はどの学校にも存在し、ドラッグの噂はジェロームにも耳にしたことはあります。

また、サヨトではESLに多様の国籍の生徒がいましたが、わたしが聞いた限りではジェロームのESLはインド、韓国、日本人で、 バラエティーは少ないようでした。語弊ある表現ですが、白人社会においては日本人は有色人です。お子さんが何年生で渡米かや英語力、また性別にもよりますが、年齢が上がるほど、現地人のお友達と親しくなるにはハードルが上がると私は思っておりますが、娘の場合は周りにより多くの外国人がいることは、メリットであったと私は感じております。娘はデイビスミドルに2年、サヨトに2年通いましたが、デイビス時代からのアジア人のお友達と今でもやりとりしています。また、所属したクラブでも友人に恵まれましたし、居場所がありました。規模が小さめで先生方と近い校風のお陰だと感じています。もし、もう一度ダブリンに行くことになったとしたら、娘も私も迷わすサヨトです。デイビス周辺から北の地域が大好きです。

ただ、住みたいところに住めることが一番だと思います。交友関係は、ケースバイケースなので、希望の地域に住むことは、様々なことを乗り切る活力になります。また、どこに住んでも、そこに良さを見出して住むことができるのも事実です。私の周りのサヨトのお母様方は、みな学校を気に入っておりました。これはおそらく、ジェロームもコフマンも同様と思います。

余談ですが、それよりも、関心は、日本人生徒の数にあったようにおもいます。
一般論ですが、日本人が少ない学校は子供の英語力上達には効果が高く、日本人生徒が多い学校は情報を得やすという大きなメリットがあります。だだ、学年によっても数はばらつきがありますし、流動的であることは事実ですので、少ない日本人ということで選んでもたとえば3人しかいなくてもいつも一緒なら日本人が少ないというメリットはさがることになります。


【質問】ダブリン学区のデービスミドルスクールにはどのくらい日本家族いますか?

【質問】引越をするに当たってダブリン学区のデービスミドルスクール(Davis Middle School)の物件を考えています。この学校にはどのくらい日本人のご家族がおられるのでしょうか?

【回答】学校では、アジア人という括りでの人数は把握していますが、日本人という括りでは実数を把握していません。(問合せをしてもなかなか答えてもらえません。たまたま電話口にESLの先生が出て下さる時に、回答をもらえることがあります。)そこで、デービスミドルスクールにお子さんが通っている方にお伺いしてみました。

2014年6月16日現在分かっている2014年度8月から通う生徒さんの数です。
6年生が3人程度。
7年生が6人。
8年生が1〜2人程度。

この中には、この夏休みに引越をされてまだ入学/編入手続きをされている方は含まれませんので、もう少し増える可能性はあると思います。日本人のエイドさんは2年前は週に1~2日いらしていたようですが、新規の生徒さんがいないとオンコール(必要時に来てくれる)となるようです。新しく日本から来られて不安のようであれば、直接学校にお問い合わせをして来校されるのもいいかも知れません。ダブリン学区の総合電話番号は614-764-5913、デービスミドルスクールの電話番号は614-761-5820です。


【質問】4ベッドルームのScottish Corner Elementary/Karrer Middle Schoolの賃貸物件を探しています。

【質問】はじめまして。主人のダブリン赴任が決まり、インターネットで情報を集めているうち、HPに巡り合いました。
ダブリンの情報集めに役立たせて頂いています。

さて、家探しのお手伝いをして頂けたらと思っています。
主人の赴任日程は、7月末。家族の渡米は、新学期が始まる8月20日に合わせて8月中旬に考えています。現在のところ、赴任期間は4年の予定です。

家族構成は、夫婦、男子三人、中学一年、小学五年、小学二年です。
全て男児の上、学齢も上がってきているため、学校区、特に中学校を第一に考えています。
会社予算は、2000ドル。学校希望は、第一がダブリン市のKarrer Middle School へ進学できるScottish Corner Elementary Schoolです。
ベッドルーム希望はできれば、4ベッドルーム
子供達は「アメリカでは一人一部屋のお家に住めるかもしれないよ!!」という甘い言葉に釣られて、アメリカ行を楽しみにしています(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

【回答】ご連絡ありがとうございます。

お子さんの夢を壊すようで申し訳ないのですが、現実的に回答させて頂きます。現在たまたまこの学区にリース物件が$2250で出ていますが、3ベッドルーム。また、このお家もご主人のいらっしゃる7月には残っていません。
別の物件が出て来る可能性もありますが、ちょうどご主人がこちらにいらっしゃる7月末からご家族合流の8月中旬までに出て来る確率はかなりスリムだと思います。そして、この学区での売物件のリース転換は予算的に難しそうです。

Scottish Corner Elementary/Karrer Middle 学区は、
Abbey Glen, Dublinshire/Hemingway (部分的にWyandot Elementary/Karrer Middle), Indian Run Meadows, Lowell Trace, Post Preserve, Wexford Estates, Wexford Woods
の8つのサブディビジョンにある一軒家か、Gordon Farmsのコンドミニアムになります。4/18/2014現在売物件を調べてみますと提示価格が$310,000-$449,900です。こちらをリース転換しますと、家賃として$3,000は下りません。現在中古物件不足が続いていますので、7ー8月の時期に2000ドルのリースに転換出来るような価格に住宅価格が下がる見通しはいっさいありません。

それに加えて、ご主人の赴任日程とご家族がいらっしゃる時期があまりに近いことが気になります。入学手続きも家のリース契約書がないと開始出来ないのではないと思われます。
赴任前にご主人がコロンバスにいらっしゃる機会があるのであれば、その時に家を決める位のタイミングでないと新学年最初の日からの登校が難しいばかりでなく、ホテル暮しもあり得そうです。

Scottish Corner/Karrer MiddleがMustなのであれば、今出ているこのリース物件を今から申し込みをして1ヶ月先の入居を強引にお願いして位の勢いでないと本当に難しいと思います。

クライアントプロファイルにご回答くだされば、他にどんなオプションがあるのか一緒に考えてみることが出来ると思います。


【質問】Bailey, Deer Run, Pinney Elementary学区のリース物件を探しています。

【質問】赴任にあたり、リース物件を探しているときにこちらのホームページを見つけました。ダブリン、ワージントン、アッパーアーリントンで家を探しています。予算は、$1800です。

家族構成は、大人二人と子供が(現在、四歳と一歳)です。まだ子供が小さいので一戸建てのタイプで探したいと思っております。上の娘は来年からキンダーに入ることになると思うので学区=住むところは重要かと考えています。日本人があまり多くないところを探そうかと思っています。(いてもクラスに一人か二人)

候補は、ダブリンのMary Emma Bailey, Deer Run, Eli Pinney Elementary School、ワージントンのEvening Street Elementary School、アッパーアーリントンであれば特にこの学区というのはこだわりありません。このエリアの情報が乏しく、以前駐在していた方が学校も地域もとてもよかったと言っておりましたので候補にあげました。

【回答】ご連絡ありがとうございます。このエリアの情報のリース物件情報が乏しいのは、この辺は全て高級住宅街でありリース物件になっているものがほとんどないからでしょう。お知り合いの方はいつ頃駐在していたのでしょうか?住宅バブルが弾けた2009年から2012年頃まで住宅価格の低迷により、売るに売れない家主が本来ならかなり高額の住宅を長期にリースしてくれる日本人駐在者に貸しに出している時期がありました。この頃であれば、ここに挙げられたような学区の地域にも一軒家のリース物件の供給があったはずです。2014年3月お問い合わせの現在、住宅事情はがらっと変わっています。

本日現在実際に売りに出ている物件提示価格から、一軒家をリース転換した時の予測家賃を弾き出しますと…
Baileyでは4500ドル前後、Deer Run3500-4500ドル、Pinney2500-6000ドル、ワージントンのEvening Street3500ドル前後、アッパーアーリントンは3000ドル以上。こんな状況です。

ご予算が会社からの住宅補助額で、ポケットマネーをいくら出しても上記の学校に通わせることが先決でない限り、予算に応じて学区の見直しが必要そうですね。


朝田さんの場合…

朝田さん(仮名・33才)からリース物件探しのご依頼を頂いたのは2013年11月下旬のこと。
会社の仮住まいに住んでいましたが、3月にご家族が来るので少なくとも1月下旬から2月初めには住居を決定していたいとのことでした。2、4、7才の3人のお子さんがいる朝田さんのご希望は、日本人エイドさんのサポートがあるダブリン学区。具体的には一軒家二階建て、地下室があり、お子さんが遊べる位のお庭付き、トイレとお風呂が別で3ベッドルームのお家。

朝田さんの希望通りのお家に入っていたテナントさんから、この時期退居願いが出ていました。テナントさんとスケジュール調整の上、12月12日物件を下見。全て希望通りの作りのお家に満足された朝田さん、下見当日にこのお家に決定。ただ、当初の予算よりは50ドル程高い家賃。任期が5年の朝田さんとしては、当初の家賃も気になりましたがその後の家賃の上昇価格も気になるところ。そこで当初の予算を50ドルアップする代わりに、最終年の5年目までの家賃の価格をリース契約書に織り込んで欲しいというものでした。大家さんに相談してみたところ、最初の35ヶ月は値上げなし、4年目と5年目は当初の家賃+100ドルアップで交渉成立。早速リース契約書を作成して、会社の弁護士さんに提出。

入っていたテナントさんが12月頭に退居されたので、前倒しで入居も出来ました。でも国内外の出張続きの朝田さん、入居は2月1日開始にしました。入居前に必要な箇所は修理が入っていたのですが、鍵を渡しに物件でお会いした朝、お家に入るとなんと煙検知器がなり出し止まりません!入居の準備で朝田さんが梯子を持って来ていて本当に助かりました(苦笑

通常、入居して実際にレンジやトイレ、シャワーなど使ってみないと細かい不良は見つからないもの。そこで入居の1週間後に『入居時コンディションチェック』で1)直して欲しいリストと2)直すまでは行かないけど、こういう現状リストを提出してもらいました。もちろん煙検知器の修理も1)のリストに入れ、希望通りに修理が完了。そろそろご家族も日本からいらっしゃる頃ですね!

front

afterlivingMcintyre3Mctintyre7

【朝田さんからのコメント】どこで宮本亜希子のことを知りましたか?

どこで? copy

どうして仲介を頼もうと思いましたか?

どうして?

実際に仲介を頼んでどんなところが気に入りましたか?

123

新居に引っ越して今どんなご気分ですか?

今の気分

仲介に改善点やご意見がありますか?

改善点


【質問】Bailey, Wyandot学区にあるアパートとコンドの情報を教えて下さい。

【質問】初めまして。ウェブサイトを見て、ご連絡しております。現在フィラデルフィアに住んでおりますが、主人の仕事の都合により(7月1日開始)6月下旬にコロンバスに引越すことになりました。少なくとも2年間は滞在する予定です。

4、2歳の子供がおりますので、学区の良い地域でのrentを検討しております。
Dublin であれば、Mary Emma Bailey かWyandot elementaryの学区で、家賃は1800ドル程度、apartment がbetterですが、condoも可です。asherton of dublin のtownhouse型の2bedに空きがあれば良いなと思っていますが、他にもoptionがあれば、是非ご紹介いただけますでしょうか。

4月にコロンバスへ実際に足を運ぶつもりでいます。

【回答】ご連絡ありがとうございます。上記の2学区では、仰る通りのアパートしかオプションはなさそうです。

Bailey, Wyandot学区ともに住宅購入価格がダブリン学区の中でも高い地域となります。反対から言うと、そういう地域性もありアパートやコンドはわずかしかありません。
アパート/コンド名で学区が検索出来る図を以下よりご参照ください。
ダブリン学区アパート/コンド名検索

それぞれの学区にあるアパート/コンドは以下です。

Bailey学区は、
- Treetops(コンド)
2014年3月3日現在で売物件が1つありますが、購入価格と管理費よりこれをリース転換すると月額2200ドル程度になります。

Wyandot学区は、
- Villas of Earlington(コンド)
現在売物件ありません。
- The Lakes at Dunmere(一軒屋とコンド)
こちらも一軒家以外現在売物件ありません。
- Asherton of Dublin(アパート)
こちらがこの2学区で唯一のアパートとなり、アパートの管理事務所(614-761-0222)に問合せをすれば空き物件の状況は教えて頂けます。2ベッドルームでベースメントがフィニッシュのタイプは、この学区に通いたいお子さんをお持ちの日本人家族にとても人気とのことで何ヶ月待ちということもあるようです。4月にいらした時に必要書類を書いてWaiting Listにお名前を載せてもらうという方法がいいのではないでしょうか?


【質問】賃貸物件の家賃上昇はどの程度見込んでおけばよろしいでしょうか。

【質問】コロンバスエリアですと、賃貸物件の家賃上昇はどの程度見込んでおけばよろしいでしょうか。
現在赴任中のベルギーでは毎年自動的に5%程度上がりますが、アメリカでのシステムはどのようになっておりますでしょうか。
会社からの家賃補助は賃料値上げ分を含んでいる為、家賃上昇を予め考慮する必要があります。 その情報より、希望家賃をもう少し上げれるのか厳しいのか判断させて頂ければと思います。

【回答】ご質問ありがとうございます。
コロンバス地域では、賃貸上昇は、アパートだと年間2%ずつ上がって行くのが2014年2月現在は一般的です。
売物件のリース転換の時は、通常大家さんには最初の35ヶ月の家賃据え置き、36ヶ月目からの1年間は5%、翌年からは1年ごとに2%家賃が上昇するパターンでお願いしています。この中には転勤条項も入れて頂いています。
もちろん5年の任期なので、5年間最初の家賃据え置きの交渉は可能ですが、その場合途中解約や転勤条項が入らないということになります。自分の後任を必ず自分で探す自信があるので、空き室にならない保証が出来るのならそれもありかとは思います。


【質問】他社の看板が出ている物件も取り扱いされていますか?

【質問】Re/Max 以外で貸しに出ている物件(インターネットで見つけた他の仲介の会社が扱っていそうな物件)についても宮本さんに仲介いただくことは可能なのでしょうか。 その際はやはり手数料は余分に掛かってしまうのでしょうか。

【回答】リース、売物件に関わらず看板の不動産会社は、それぞれ貸手(大家さん)、売手が雇った仲介者の所属会社でしかありません。仲介は、どの会社の看板が出て来る物件でも出来ます。また、貸手や売手がどこの仲介会社を通してるかは、借手や買手の仲介料には影響を及ぼしません。


【売物件リース転換仲介】Mさんの場合…

以前仲介させて頂いた峰田さんから後任の駐在の方がいらっしゃるとお伺いしたのが2013年10月末のこと。
コロンバスにいらっしゃるのは12月初めで中学3年生と小学6年生のお子さんがいらっしゃるとのことでした。
日本にいるMさん(45歳)の連絡先をお伺いして直接やりとりを始めたのが11月初め。
まずはクライアントプロファイルというアンケートにお答え頂き、Mさんの学区や間取り家賃のご希望とこちらの賃貸住宅の現状をメールでやりとり。
希望は学校にはある程度日本人がいて欲しいが、日本人が一番多い学校は避けたい。また勤務先がダブリンであるため、その周辺で考えたいという事でした。
1ヶ月のメールのやりとりで、ダブリン市の住所が必ずしもダブリン学区ではないこと(住所がColumbusやPowellであってもダブリン学区の地域がありますし、反対にDublinの住所であってもコロンバス学区の地域があります。なので、お子さんを通わせたい希望の学区がある場合はそちらで仲介者に伝えると話が早いです。)毎月の家賃はアパートでも年間2-3%上がるのが一般的であること等ご理解頂きました。その上で、希望予算内でリース転換出来る売物件の自動検索を掛け(自動検索の結果はオンラインにて、お家の外装や内装、立地が地図の上で見る事が出来ます。)、Mさんと奥様に見ておいて頂きました。

そして、Mさんが家族4人でコロンバスにいらしたのが12月初め。
ワージントン学区のマッコードミドルスクールにあるお家を中心に12月16日に4軒。同週の金曜日に、ワージントン学区とダブリンでも一番日本人が多いミドルスクールの学区を除いたところで合計6軒のお家を下見しました。結果、選ばれたのがダブリン学区のこのお家。

front

希望家賃内に収めるのには、少し高い予算の売物件でしたが売りに出てから少し時間が経っていたので大家さんと売手との交渉も可能と見て進めました。天井の電気の増設、洗濯機や乾燥機の設置など内装を大家さんにやって頂くよりも、なるべく家賃を予算内にというご希望で大家さんを募集。その日のうちにこの地域の日本人向け住宅を他にも2軒所有する大家さんが手を上げてくれました。オファーを掛けたのが、クリスマス直前の週末ということもあり、また希望家賃以内で収めて欲しいという希望もあったのでカウンターオファーを繰り返しました。最終的に金額や引渡日などの合意に至り、契約に入ったのが12月29日。既に売り主が引越をしていたことで、引渡は通常の30-40日より早く2014年1月15日で進みました。家の検査が入り、修理の交渉が売り主と大家さんの間で取り交わされた後ほぼ15日の引渡が見えたところで、Mさんと大家さんとのリース契約を結びました。予算オーバーのところを、洗濯機と乾燥機は大家さんが取り付けてくれMさんが無事に入居されたのが1月22日のことです。

kitchen2livingowner's

【仲介者からのコメント】
最終的にMさんがお家を決定した12月20日より入居まで約1ヶ月。日本にいる間からテナントさんからの希望とこちらの住宅市場の現状の擦り合わせが出来ており、売物件の自動検索結果より来米した時に下見したい物件が決まっていると、比較的短期間に進めることが出来ると思います。


【売物件リース転換仲介】T.M.さんの場合…

T.M.さんから御連絡を頂いたのは10月12日のこと。入れ替わりで帰任される方の奥様が知り合いの方から私のことを紹介されたということでした。地域は、ダブリン、ヒリアード、パウエル。春に来られる奥様との二人暮らしで、なるべく1階部分に生活の主体が来るような間取りで2台車の入るガレージがある管理人付きのコンドミニアムがご希望でした。

コンドミニアムは分譲で、通常は管理事務所はありません。管理事務所が常設されているのであればアパートの方がいいのではないかとアドバイスさせて頂きましたが、色々とオプションを見てから決めたいとのことで希望家賃でリース転換出来る売に出ているコンドミニアムを検索してみました。出て来たのが3軒。そのうち1軒は「ショートセール」と言われる物件で、現在の持ち主のローン返済額と売値が逆転しているもの。つまり銀行には満額返せないけど、現在の市価がこの程度なのでという交渉が必要になります。通常クロージングには6ヶ月程掛かるので、この物件を除外した2軒の内容をメールさせて頂きました。

そのうちの一軒がなんと
コロンバス赴任後にランダムに近くを物色していた際、仮住居に近いこの物件を外から見て”こういうイメージの家が良いな”と思っていた家です。For Rentの看板がなかったので諦めていたので、今回紹介頂いて非常にテンションが上がりました。
と返事を頂きました。翌日の10月25日、物件を下見。ちょうどこの時結婚式参加の為に日本から訪ねていた私の南夫妻が、投資物件に興味を持っていたので誘ってみました。その物件がこちら。

front

T.M.さんはその場でこの物件で進めて下さいというお話になり、友人も突然の話ではありましたが物件の間取り、場所も気に入り、また実際にテナントさんになるT.M.さんにお会いしたこともあり、投資が一気に具体化しました。10月29日に南さんよりオファーが入りました。カウンターオファーのやりとり中に、私の日本への一時帰国を挟みました。実はカウンターオファーの期限が切れるその夕方にロサンゼルスの空港で乗り換えがありました。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、空港で銃撃事件がありインターネットは使えない状態で12時間程缶詰に。売手の仲介者にはその事情を携帯メッセージで伝え、待っていてもらいました。無事に乗り継ぎ便に乗った後も10時間、飛行機からは書面のやりとりが出来ません…日本に到着してから時差はあるしで、ようやく契約に漕ぎ着けたのが11月1日。その間に他の買手の方からオファーも入っていたようです…汗。売手の仲介者とは前年度に他の物件の売買仲介を一緒に担当したことが功をなし、連絡がつかない間も私からの携帯メッセージを信じて、売手の人に待ってて欲しいと伝えてもらえたようです。ほっ!

その後は予定の通り、受け渡しまで進み予定通りに12月2日に物件引渡。洗濯機、乾燥機の設置とカーペットクリーニング、掃除と鍵の交換を済ませて12月6日にT.M.さんも無事にご入居されました。

porchkitchen:diningliving


Page 2 of 812345...Last »