オハイオ州の運転免許証の取得について

日本・オハイオ州の間における運転免許取得手続が簡素化されます!!

 2021年(令和3年)4月1日から、オハイオ州交付の運転免許保持者は日本において日本の運転免許を取得する場合に知識確認及び技能確認が免除されます。適正検査及び手数料の納付は免除されません。申請手続の詳細については、ご自身が申請予定の各都道府県警察の運転免許センターにお問い合わせください。
 同様に、日本の各都道府県公安委員会交付の運転免許保持者はオハイオ州の運転免許を取得する場合に知識確認及び技能確認が免除されます。申請手続については、オハイオ州の関係当局(Department of Motor Vehicle(DMV))にお問い合わせください。

 令和3年4月1日現在、知識確認及び技能確認免除の特例が適用される米国の州は、オハイオ州、バージニア州、ハワイ州、メリーランド州及びワシントン州の5州です。

日本と同等の運転免許水準と認められてる国

なお、日本の運転免許を持たず、オハイオ州で初めて運転免許を取得される場合、又は、上記の運転免許取得手続の簡素化を利用せず、通常の取得手続でオハイオ州の運転免許を取得する場合には、次のリンクをご覧下さい。

オハイオで初めて免許を取得される方

運転免許証取得に必要な書類は、以下の通りです。
●パスポート
●ビザ
●会社から出してもらう雇用証明書(配偶者の労働ビザで滞在の場合は、配偶者の雇用証明書)
●i94の証明書
●住所証明書(通常は住所確認のために、銀行からのステートメント、もしくは光熱費の請求書が必要とされています。光熱費の名義を夫婦連名にしておくと良いと思います。)
※ソーシャルセキュリティーカードに関しては、既に申し込みをしているのであれば発行を待って、持参が必要。申し込みをしてない場合は、必要なし。

BMVに上記の書類を持参し、視力テストと写真撮影をして、発行となります。

注意してください!!
アメリカの免許証には身長・体重・髪の色・目の色を記載します。なかでも身長・体重がフィートインチとポンドで記入します。
事前に自分の身長・体重を換算していくとスムーズです。

笑顔もオッケー!!
アメリカの免許証の写真は、日本と違って笑顔で撮ってもOKです。
スタッフさんから「スマイル~」と言われることもあります。
え?笑っていいの?と戸惑わないで大丈夫ですよ。

Close
Menu