大家さん管理物件と当社管理物件の違い

NDCが取り扱っている賃貸物件の中には、「大家さん管理物件」と「当社管理物件」があります。

その2つの明らかな違いは、

① 入居中の修理の対応
② ご退去の時の対応

です。

① 入居中の修理の対応の違い:

「当社管理物件」の場合は、私たちが必ず修理の依頼をお受けして、修理の手配まで行います。

「大家さん管理物件」の場合は、私たちが修理の依頼を大家さんに取り次ぎますが、そのあとの修理の手配は大家さんが行います。よって、対応の具合は大家さんによってさまざまです。前のテナントさんからコメントが得られている場合は、物件のご案内ページに大家さんの修理への対応状況を記載してあります。

② ご退去時の対応の違い:

「当社管理物件」の場合は、ご退去が決まった際(日本本帰国だったり他市への転勤時=ものすごく忙しい)、60日前に退去の報告を受けたところで、私たちがお家にお伺いします。
①退去までのプロセス中に気になることは直接質問でき、②退去時の関心事の一つ、どこまで掃除をして退去すればいいのかについて、当社スタッフがご入居時とお家のコンディションの変化を確認し、どの部分がテナントさんご負担の修理になるのかをご説明します。そうなることで、国外や他市に移動してから「どうなったんだろう?」とならずに済みます。

「大家さん管理物件」の場合は、ご退去時のお家のコンディションチェックの対応が大家さんによってマチマチです。ご退去の報告時に大家さんがお家の状況を確認することは稀で、退去した後に大家さんがお家に入り、そこで初めて入居のコンディションと比べてどの部分がテナントさんご負担の修理になるか判断する場合が多いです。よって国外や他市に移動して後、修理が誰の責任であるかのやりとりになります。何もなければいいのですが、引っ越してから自己弁護が必要になった時は不利な状況となります。

Close
Menu