車の購入、リースの方法

会社を設立するために初めて着任する場合、会社設立したばかりでの着任。 第一陣として赴任される場合、個人にも会社にもアメリカでの与信がない場合、車を入手するためにどのような手立てがあるか説明いたします。 赴任直後から、アメリカのディーラーでリースやローンを利用して分割払いで購入することは、恐らく不可能だと思います。赴任直後だと個人の与信がありませんし、会社も設立前や設立直後だとアメリカ国内で ...Read more

ソーシャルセキュリティーナンバー(SSN)の取得の仕方

ソーシャル・セキュリティー・ナンバー(SSN)は社会保障を受けるための登録番号として発行されます。以前は就労資格のない外国人にも発行されましたが、近年は外国人の場合は納税者であるか、その伴侶でのちに社会保障を受ける立場にないと発行されなくなりました。アメリカには日本のように戸籍謄本がないために、身分証明書としても使われ、銀行口座の開設、運天免許証の取得などの際に必要となります。(カードがなくても番 ...Read more

日本に居ながら開設できるUS銀行口座

パシフィックリム・カンパニーベネフィット・プログラム というサービスで三菱東京UFJ銀行の子会社、Union Bankがやっています。 Union Bankは、日本の三菱東京UFJ銀行の子会社なので上記プログラムを利用してUnion Bankの口座を開設するには、 三菱東京UFJ銀行のなんらかの口座を持っている必要があります。個人口座でも問題がないようです。どちらも残高0円で開設できるよ ...Read more

ソーシャルセキュリティなしで手に入るアメリカの携帯電話

ソーシャルセキュリティ番号(SSN)がないと、アメリカでは携帯電話を購入することすら難しくなります。SSN取得にはアメリカでの住所が必要になりますし、申し込みした後に番号を手に入れるのにまた1週間から数週間掛かります。その間日本から持って来た携帯で対応すると、その他の手続きにアメリカでの連絡先番号を求められるため、非常に困ることが多々あります。以下のサービスは日本語でSSNなしでアメリカの番号を取 ...Read more

オハイオ州の運転免許証の取得について

日本の運転免許証と国際免許証を持っていると、2014年6月現在、オハイオ州の運転免許証取得に筆記試験、路上テストを免除してもらえます。 運転免許証取得に必要な書類は、以下の通りです。 ーパスポート ービザ ー会社から出してもらう雇用証明書(配偶者の労働ビザで滞在の場合は、配偶者の雇用証明書) ソーシャルセキュリティーカードに関しては、既に申し込みをしているのであれば発行を待って、 ...Read more

Close
Menu